さっかコラム今日の星予報星のメッセージ星の予報

2021年 みずがめ座の2度目の満月:変化することについて

album-art

こんばんは、さっかです。今年2度目のみずがめ座の新月のお話です。

途中で、頑固星の話をしましたが、ちょっと補足しておきます。変化に弱いのは、それぞれの星で、それぞれの特徴があります。特に、変化を嫌う傾向があるのは、牡牛、さそり、獅子、そしてみずがめとオーディオの中で伝えましたが、ここで話しているような変化に対しては、みずがめは強いと言えます。また、全般的に土の星座は、あまりこのような変化に対して、強くない側面を持っています。牡牛、乙女、そしてやぎ座です。

牡牛は変化全般を嫌う傾向がありますが、このところずっと、揺れる・変化の星の天王星が牡牛に入っていて、心穏やかではない牡牛の人たちは多いことでしょう。乙女は、自分の中の価値観であったり、正しいと思うことなどを変えるのが難しい面があります。また、やぎは、オーディオでも話ししたシステムや構造を変えるのに抵抗を感じる傾向があります。

みずがめ座も頑固なのですが、変わり続けることに頑固と言えるでしょう。変わることに抵抗する人たちに対して無理解で、冷たいとも言える態度を取ることもあります。しし座は、自分自身の直感や愛するものに対して頑固なところがありますが、直感的にこころが動くものに対しては、変化を受け入れるところがあります。Mi corazonが一番大切な人たちです。(スペイン語で「私の・僕のハート」という意味)そう、水瓶座と反対位置にある、ラテンな人たちなのです。ちなみに私は、この二つの両方の星をもっているため、情熱と愛、そして敬意をもって変化を受け入れることを目指しています。皆さんも、それぞれ自身の星を見合わせながら、この人類未曾有の大変化の時に対応しながら行くと良いでしょう。

ということで・・補足でした。

ではでは!

With much love,

Sakka xo

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA