月と太陽月のメッセージ

2021年7月24日水瓶座の満月

album-art

こんにちは、さっかです。お元気ですか。水瓶座の満月のメッセージをお送りします。

前からお伝えしているように、7月の下旬から緊張度が高まっているため、バタバタしながら、あちこちで噴出、爆発、こもごも起こっていますが、日本は、オリンピック。いろいろな思いが去来していると思います。

中でも、私自身は、体操の北村選手が鉄棒で敗退したにもかかわらず「失敗でも体操は、面白さしかない」とコメントしていたことが、楽しむことを表す獅子座のシーズンにふさわしいと思いました。そして素敵だな、と。ちょっと長くなりますが、前回のオリンピックのとき(5年まえ)ニューヨークにいたのですが、日本のことはほとんど記事にしないニューヨークタイムズが、当時、紙面を大きく割いて、絶賛していたのが内村選手のことでした。そのストイックなまでの体操への姿勢と、哲学性のある態度と、なにより彼のパフォーマンスの美しさを、これでもか、というくらい褒め称えていました。首相が訪れても日本のことを取り上げないアメリカのメディアが取り上げた彼。体操は面白い、と、失敗のあとも言い切るところがカッコイイと思いました。あとは、大坂なおみさんの登場を待っている私です。ほかは、多分みないことでしょう。テレビもないし。(なおみさんは、近所のどこかの家で見る予定。笑)

ところで、このオーディオの中で少し触れましたが、オリンピックは通常秋にあるようですね。今回夏にやったのは、秋だと人気選手が集まりにくく、収益につながりにくいから夏にしたのだとか。夜の開会式にしても、とにかく、お金、お金。寂しいですね。それから、アメリカの公共放送を初めとした各放送局、イギリスの各放送局は、開催式の会場の外で、オリンピック開催反対のデモが行われていたことを、こぞって放映していました。いろいろなことが浮き彫りになる昨今です。

慌ただしい日々が予想されます。みなさん、オーディオでも癒しの日をお伝えしていますが、ご自愛ください。

With much love,

Sakka xo

1964年東京オリンピックの開会式。10月に行われた模様です。やっとテレビも普及し始めたころ。時差を考えて夜中に開会式をしたりしていない時代。空気感も随分違います。出典元:New York Times
今回の開会式。タイムズ紙のタイトルは「東京オリンピック、空席の海を背にはじまる」」出典元:Chang Lee/New York Times
タイムズ紙の日本名の女性の写真ですが、日本の新聞もこういう美しい写真を出して欲しいなぁ、と思うのはわたしだけでしょうか。MISIAが国家斉唱したそうですね。出典元:Hiroko Masuike/ New York Times

オーディオコラムの一部は、7月の満月後から有料サブスクリプション制になります。少し、スタイルも変更になりますが、お楽しみに。そして、みなさん、サブスクリプションしてくださいね〜!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA