最高の星空の夜にちょっとお知らせ

みなさん、こんばんは。

さっかです。

お元気ですか。

こちらは、秋らしい日々が続いていて、この連休は、久しぶりに気持ちがよいです。みなさんはいかがお過ごしですか?今回の新月(9月17日)は、とても素敵な可能性を秘めた新月と書きましたが、本当に、気持ちの良い日々で、嬉しいです。ただ、カルフォルニアの火災や他の国々の熱波は気になりますが・・。

お知らせがあります。

つい先日、note書いてきた月のコラムの書き方を変えたというお知らせをしました。そこで、国内外の時事情報は、当面、落ち着くまでは書かない、と言っていましたが、書き続けるよい解決方法を見つけました!まとめて書くのではなく、気になるニュース、星に明らかに連動しているニュース、みんなに聞かせたい海外ニュースなどを、『その時々で』書いてゆくのです。

なにがハードルなんだろう、と、突き詰めて考えてみたら、結局、一度に書いていたから大変だったのです。

毎回1万5千字以上の文章を2週間に一度、1日から2日でまとめるのって、苦難の技です。よくやったと自分でも思います(笑)だって、計算したら原稿用紙何枚ですか?1枚400字で、約40枚・・そりゃ、大変だったわけだわ・・。

色々な国の情報を集めて・・星の動きとまとめて・・本当に苦労でした。しかも、鑑定を始めたら時間がない!新月と満月がくるのが苦痛になりはじめてたから、笑えるというかなんというか・・。

それで、一度に書いてまとめるのではなく、その都度、書いてゆくことにしました。それを、noteの『星とカードの時事ニュース』というマガジンにしました(思い立ったら早い。「号外」を出して以来、形式を変えよう、変えよう、って思っていたのですが、今朝思いつきました)今日、早速一本目を書いたので、よかったらぜひ、読んでみてください。このホームページでもアップしていますが、2020年9月20日 『ギンズバーグ氏の死と大統領選へのプレリュード』というタイトルです。

とにかく、今の星の動きとぴったり連動しています。

先ほど、愛猫Bと一緒に散歩してきました。うちの猫は、犬に限りなく近い種で、一緒に散歩ができる。もちろん、鎖もリーシュもなしで外歩きが一緒にできます。

空気がひんやり張り詰めていて、新月の後で月明かりのない、澄んだ漆喰の空に星が本当にきれいでした。純粋さや完璧さを表す、いかにもおとめ座らしい夜空で、Bと一緒に外にいて、じんわり涙が出てきました。美しい星の幸せ、田舎に住むことにした幸せ、Bのいる幸せ、静けさの幸せ・・そして、とうとう解決策が見つけられた幸せ。

海外事情、みなさんにお伝えしたいのです。日本にある情報は本当に乏しいため、いつも悲しく思っています。だから、形を変えてお伝え続けられるのが、とても嬉しいのです。

それだけでなく、すでにコロナで地球は一つということが痛いほどわかったし、世界情報を知ることは大切。それに、占星術って宇宙の観点だから、日本だけの、日本人が発信する海外情報だけでなく、地球という星として全体を見て、直接的な海外の情報も知り、宇宙の星の動きと一緒に見るのが自然ということもあります。それに、どう単純に考えても、アメリカの大統領選は必ず日本の政治にも影響を与えますし・・。さまざまな背景を伝えたいのです。

このサイトのメニューも変わり、これまで『月のコラム』となっていたタイトルがNOTEの変わりました。プルダウンメニューを見ると『月のコラム』と『星とカードの時事ニュース』が出てきます。これは、あとでメニューが増えるかもしれません。

ところで、今回、おとめ座の新月に使ったトップ写真は愛猫Bですが、その写真と、ギンズバーグ氏の写真が、なんとなく似ていて、偶然なのかわたしの直感なのか・・胸でコトリと音がしました。

どう思います?

B
ギンズバーグ氏 

おやすみなさい。

ギンバーグ氏写真出典元:アメリカ合衆国最高裁判所(ところで、この最高裁判所、NYのダウンタウンにあるのですが、しょっちゅう横を通っていたので、とても懐かしいです。もう彼女がいないのは、寂しいですが・・今度、NYの写真家の友人が撮った、最近の裁判所近辺の写真をアップしますね)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA