嵐のあと

おはようございます。さっかです。

大型台風と呼ばれた10号が通り過ぎましたが、体験としては、それほど大型という感じではありませんでした。確かに夜半過ぎから、この地域では風が強くなり、2階で眠りに就くときはごうごうと外で音がして、眠れるかなぁ、と心配になりましたが(インスタにその記事) おかげさまでぐっすり眠りました。

そうして朝、目覚めたら、風もずいぶん収まっていました。停電もなく、雨もそれほど降りませんでした。ちょっとメディアは騒ぎすぎじゃないかなぁ、と思いましたが、そのくらい騒がないと、対策を取らない人も多いからじゃないかと言う人もいました。何にしろ、やはり情報は冷静に集めた方がいいな、と思いました。

それでも、近所のセブンには商品が届いておらず、棚がガラガラになっていたことや、町で一軒のスーパーが閉じていたことなどの変化はありました。それから、郵便物が届いていません。あの風の中で、トラックを走らせたり、運搬をするのは無理だったのだろうと思います。いつ、どこから、なにが飛んでくるのかわからないのですから。

今日は曇っていますが、台風の後は、汚れた空気も全部すっきり風に飛んで行ってしまい、昨日と一昨日は、美しい青空でした。写真を撮るのを忘れたのがちょっと残念ですが、本当に清々しい蒼の濃い、雲の白の美しい空でした。

ただ、思うのです。

その「どこか」に飛んで行った汚れた空気は、「どこに」飛んで行ったのかな、と。台風は北西に向かってゆくから、韓国や中国に向かっていったのかなぁ、とか。

そしてこの頃、鑑定をしていて思うことがあります。

多くのみなさんが、「自分」を、台風の風に吹き飛ばしてしまったかのように生きていると。そして、みんな、一律、青空を生きようとしているのではないか、と。

曇りのない青空でありなさい、愛されるひとでありなさい、雨や風を運ばない迷惑をかけない人でありなさい、という、周りの期待に応えるので一生懸命で、曇りや雨は風を置き去りにしているかのように生きているようです。そして、自分の本当の気持ちや意見を言うことが許されなかったり、社会全体の動きに合わせることを求められてきたことで、ストレスを抱えてきたように思います。特に女性の場合、自分を出すこと、感情を出すこと、意見を言うことは、むしろネガティブなこととして捉えられ、本当の思いを抑え込み、言葉を呑み込み、男性や家族に気を使いながら、自分自身をあたかも台風の風に流してきたような印象です。

ただ、そうやって、周りの期待に沿うような青空を生きていると、副作用が起こります。そして、きちんと表現されていない、どこかに飛ばしたつもりの気持ちや願いが、時間が経つと、別の嵐を呼んだり、山火事を起こしたり、誹謗中傷をしたりしてしまいます。「どこか」に飛んで行ってしまった雲や雨は「どこか」に、身体の細胞の中に、心臓に、脳のどこかに、存在しているからです。

なので、怒りは大切にしなくてはなりません。怒りの奥底には、恐怖心や悲しみがあります。怒りを否定するよりは、その底にあるものに光を当て、それを解消してゆくこと、そして、それをクリエイティブな方向に持ってゆくことです。

例えば、作家が自身の傷や悲しみを、壮大な物語を描き人々に感動を与えたり、画家が、色や形で人の心を動かすように。

怒りや恨みを解消し、昇華することも、この2020年の大切なテーマの一つです。多くの占星術家たちが、あまりそのことに触れませんが(なぜだろう・・男性の占星術家が多いからかなぁ)とても重要なテーマです。特に、今日から11月の中旬までは、今年に入ってから起こったことへの怒りと、それにかさねあわせるように思い出す過去の傷怒りが噴出する時、又は、前に進むのを妨げるものになりやすい時です。昇華し、前に進むためのエネルギーやインスピレーションのすることを心がけると良いでしょう。

すでに、誕生チャートの謎を鑑定で解いた方々はわたしの言っていることがよくわかると思います。他の方々も、思い当たることがあったら胸に手を当ててかんがえてみて下さい。

誰が良いとか悪いとかではなく、その感情が良いとか悪いとかではなく、淡々と感情に向き合い、どうしたら解放されるかを考えて、淡々と実行してみてください。

では皆さん、ご機嫌よう。良い一日をお過ごしください❤️

我が家のデカチビ女子のピッピンちゃんです。女子の鏡のような彼女。本能のまま生きています。食べたい時は弟のお椀をすっと手で横取りし、弟の頭を押さえつけて食べる。腹を立てると洗面台にうんこをプリプリ。けれど、弟をいつも舐め舐めして綺麗にしてあげる。わたしのことも、してくれる。そのかわり、わたしの胸の中や、弟の上にど〜んと乗って眠る。弟が上になると、フギャァ!と言って押しのける。自分はいっつも弟の上に乗ってるくせに・・。いたずらをしたり、うんこをしてはいけないところにして、わたしに叱られそうになったら、お腹を見せてゴロリとしたり、戸の影からそっとかわいい目でわたしを見つめる。怒れない・・のを知っている。そして、伝えたいことがあったりする。彼女は自己主張するけど、喧嘩や戦いを避けたがる。
可愛く、そして奔放なヤツ。
人間女子も、もっと思いのままに、才能のあるがままに、輝きながら生きれるといい。
赤は牡羊座のカラー。積極性、情熱、戦い、勇気などを表す。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA