パンを焼く

このお鍋は、NYの友人から『うちの母も使ってて、長い間使える良いお鍋だからオススメ。』と言われて買いました。日本に戻ってみたら、おしゃれだとか色々言われて驚きました。わたしは、ル・クルーゼという名前さえ知らずに、薦められるままに購入していたからです。ところが、日本で別の友人が重い蓋を鍋本体に落としてヒビが入ってしまいました。その鍋を、パン焼き専用にしています。外カリカリ、中モチモチ、の美味しいパンに仕上がります。NYの友人が勧めてくれた通り、丈夫で役に立ってくれています。

実はわたし、お料理はあまり得意な方ではありません。やったことがなかったから、というのもありますが、きっと、わたしの星のチャートが『ずっと家庭的なことをやったことのない星なので、今世ではお料理したり、家庭的なことをやりなさい』と指し示すように、これまで前世でもやったことがないからだろう、とも思います。お料理や家事はわたしの今世の課題の一つです。

星が『今世はやりなさい』と言っても、なかなかやらないのが人間。誕生チャートで自分の課題を知りたい、と、みんな思うのですが、課題っていうのは課題だけあり、やりたくない、苦手、と思うことが多いものです。わたしの場合、食べるのも面倒な性格でした。

その上、ニューヨーク市というところは、多様性の街。単身者や、お料理やりたくない人・苦手な人でも、生きて行けるような便利なシステムがたくさんあります。

テイクアウト、デリバリーは町中どこにでもあるし、しかも、ヘルシー系で、簡単に外で食べられるお店もわんさか。美味しいものも沢山ありますしね、あの街。

なので、お陰で(?)わたしも課題を長い間やらずに過ごせていました。インスタントラーメンさえ作れないままの人生の大半でした。

ところが・・日本に戻ったら(東京)テイクアウトもデリバリー(出前はあるけど確かに。カテゴリーが限られている)も圧倒的に少なく、自然派系はほぼ皆無、しかも、スーパーに行くと、なんだか、なんでもパックに入っていて、その量が半端ない。自分で「一つ」から買うのが難しい。スープを自分で選んだサイズのカップに入れて買うこともできない。

あぁ、この国は家族単位なのだな、しかも顧客に選択肢があまりないんだな、と気づきました。そして、多様性に乏しい。第一、野菜が大きい!こんな、デカい白菜をどうやって食べるの?こんな大きな大根を何にして食べるわけ?と、まあ、スーパーの野菜売り場の前で呆然とした自分を思い出します。

結局、逃げても宿命からは逃げられず、お料理やりたくない、才能もない、ムリムリ、のわたしに天は試練と課題を投げてよこしたのでした。

もし、これが戻った祖国が、フランスやブルガリアとかはたまたアフリカとかだったら・・きっと、他の人の作ったものを食べていたと思いますが、日本っていうところが、偶然は必然で、必然は運命、を表していると言えるでしょう。

第一、この国にはオーガニックのもの(有機肥料、無農薬)がほとんどないし、オーガニックの基準がアメリカよりずいぶん低いので、オーガニックと謳っているものも、わたしから見れば、オーガニックではない。その上、わたしに料理の腕もない。最悪の状況に立たされ、NHKの『今日の料理』を毎日録画してみるから始まった長い旅でした。

それで、ついに自分で畑をやってみようか、とまでなりました。田舎に住めば質の良い野菜もあるだろう、と思って引っ越したのですが、田舎にないものは都会にもないことに気づいたりして・・。だって、都会にある野菜は田舎から来ているのですから・・。めちゃくちゃ単純な原理に田舎に移るまで気づかなかったわたしもわたしですが。いや、そこまでの道のりは、厳しく険しいもので、単純でも短いものでもなく、遂には畑にたどり着いたような旅でした。(言っておきますが、畑はまだまだずっと1年生レベルです)

それで、この頃は、平気で(?)パンまで焼いてしまいます。けれど、時短で美味しくて、がモットーのため、コネないパン。

何度も生まれ変わった記憶がありながら、キッチンに立っていた記憶のないわたしでもできるパン。しかも美味しい。近所に配ってまわるくらいです(良いと思うものは、なんでも宣伝したくなるわたしです)

お料理をするようになって良かったもう一つのことは、自然やお料理と触れ、その過程を知ることで、占いのこともよりわかるようになったということです。全ては繋がっているんですよね。

美味しいってことは良いことだ。ありがたいことだ。そして、幸せなことだ。

恵みに感謝しながら噛み締めるパンなのでした。

鍋から出したパン。外気温で酵母の育ち方が変わるので、気温や湿度とも会話をしながら作るパン。星と会話しながら生きる占星術と同じだ・・と思います。夏バージョンの作り方を最近習得して、嬉しくて仕方ありませんが、夏のため、誰もあまり喜んでくれないので(笑)一人で食べています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA