太陽の季節

溜まっていたシーツやカバーやブランケットを洗濯。気持ち良さそうに太陽の下

昨日、静岡県で日本の観測史上初の最高気温を記録したとかで、40度以上あったとラジオニュースが何度も言っていました。雄羊座と獅子座のパワー全開になってきたなぁと思います。(詳しいことは、月コラムの『獅子座の新月』で)

今は、獅子座のシーズンです。獅子座は、太陽が守護星で、その太陽は、太陽系銀河の真ん中に位置していています。銀河の中心で、たくさんの惑星を抱えて光と熱を発しているのです。動物界では、ライオン(獅子)は、草原の王と女王を表します。

ギンギンギラギラ輝いていて、生き物を育て、大地と大気を温めてくれます。愛も象徴するのが獅子座と太陽です。太陽の光は、殺菌作用があり、またビタミンDを人間が体内で作り出すのも手伝ってくれます。

その太陽の照りつけるこの暑さの中、このギラギラの毎日の中、何と言っても洗濯のやり甲斐があります。すぐに乾く!ここは、アフリカだ〜、と思って、日差しを見つめると、いや、さすがに夏至も過ぎお盆も過ぎた今、日差しは、秋に向かう模様でした。以前より斜めに射していて光の色も薄くなりつつあります。赤道に近かった、一時期わたしが暮らしていたアフリカの大地の太陽とは日差しの個性が違うのが感じられます。

それでも、この暑さと、それでもまだ強い日差しを利用して、このごろ洗濯に励んでいます。長雨の中で、かびの匂いがしていたものも、ザブザブと洗って、太陽の下に干せば乾かしてくれるだけでなく、殺菌もしてくれる。ありがた〜い気持ちになります。

1週間ほど干しっぱなしにしていた寝袋は、実は、以前オス猫くんが、スプレーをして強烈な匂いがしていたもの。洗濯して、ずっと太陽の下に当てていたら、みごとに匂いがとれました。きっと、猫には嗅げる匂いだと思いますが、人間のわたしにはクンクン一生懸命嗅いで「少し残ってるかなぁ・・」くらいの程度。

太陽ってすごい!と、改めて思ったのでした。

虫食いにやられて対応に困っている冬のセーターたちも(防虫剤が好きではなく基本的に使わないため、つい虫にやられる)これから洗濯して、数日のあいだ太陽の下に干してみようと思います。虫も退治してくれるといいな、ライオンさん。

なんと言っても、お日様の香りのする洗濯物、大好きです。

思い入れのあるずっと前から持っている寝袋。さまざまな国を一緒に移動してきました。スプレーされたとき悲しくて、思わず「あぁ・・」って声を出してため息をついちゃいました。
けれど、太陽のお陰でまたさっぱり気持ちの良い寝袋に戻ってくれました
作業をしていると寄ってくるのが猫たち。お風呂の横の小さな洗濯スペースで洗濯していたら、見物してました。
ちなみに、スプレーしたのはこの猫ではありません :)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA